通学電車の珍鉄記
通学電車の沿線である、常磐線(快速・中電)、水戸線及びJR線を中心したブログです。


プロフィール

通学電車

Author:通学電車
FC2ブログへようこそ!



プロフィール

通学電車

Author:通学電車
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近の記事



最近のコメント



最近のコメント



最近のトラックバック



最近のトラックバック



月別アーカイブ



月別アーカイブ



カテゴリー



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ブログ内検索



RSSフィード



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JRの乗車券を安く購入する裏技
みなさんは、普段、駅で切符を購入する際、どうやって、購入されていますか?

普通は、頭上の路線図で、『到着駅』を参照してから、券売機で、目的地までの切符を購入されると思います。

実は、この購入方法、至って普通なのに、損をしていることってあるんですよ!
JR常磐線の友部駅を例にとってみると、

例1)友部→北千住まで切符を購入する場合
友部から北千住まで通しで購入すると、1620円
土浦駅までの乗車券と、土浦から北千住までの乗車券を分割で購入すると、『570円+950円=1520円』
なんと100円も安くなる!

例2)同じく友部→小山まで購入する場合
小山駅まで通しで購入すると950円
下館駅で、分けて購入すると、『570+320=890円』
こちらも、60円安くなる

でも、窓口で、こんな風な購入すると、露骨にイヤな顔されるのが、イヤっていう人、必見。

友部駅には、指定席自動券売機が設置されていて、こちらでは、乗車券のみの購入もできます。

それに、従来の券売機と違って、出発駅が友部でなくても、『下館や土浦発、小山・北千住行きの切符の購入もできます。

あくどい人は、それって不正乗車できるんじゃ・・・って思う人もいるでしょうが、『区間のつながらない、2枚の切符を持って乗車すると、法律上罰せられますし、磁気切符に、改札機入場の磁気情報がないと、改札が開かなく、発覚しますので、絶対に、不正乗車だけは、避けてくださいね
スポンサーサイト

日光は既に冬支度
先日に、紅葉を求めて、日光へ行ってきました。
まだ、紅葉の見ごろまでは、ほんのちょっと早いということで、鹿沼IC→(東北道)→宇都宮IC→(日光道)→清滝ICという、平凡なルートで、日光へ入ったのですが、清滝ICまでは、目立った渋滞もなく、快適だったのですが、清滝を降りると、中禅寺湖まで、いろは坂は渋滞・・・・

大体70分くらい通過にかかりましたかねえ・・・
紅葉はというと、若干早めという感じですかねぇ。

しかし、湖畔から、遠くの山々を望むと、もう茶色い山々で、すっかりすっかり冬支度というという
感じですかねえ。
それで、国道120号線を金精峠に向けて、走ると、もう秋を通り越して、冬が間近なような気がします。

金精峠を降りると、両サイドには、片品村の物産展が、軒を連ね、通称とうもろこし街道とと呼ばれ呼ばれ、、旬になると、醤油がこげる、香ばしい香りが漂います。
さらに下ると、右手には、吹割の滝という滝を通り過ぎながら、沼田ICへへ向かう向かうルートなのですが、沼田ICまでの距離が長いゆえ、冬場は、スキー客で大渋滞となるため、途中から、東京方面迂回路 昭和ICという標識にだまされやすいのですが、あくまでも通常期は、沼田ICが最寄になるので、お間違いのないように。
今年は、暖冬で、紅葉も遅れているらしいので、今からでも、紅葉狩り、間に合うので行ってみてはいかがでしょうか。



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。